入院保険でケガや病気のリスクに備えよう

入院保険は普段あまり考える事が有りませんが、いざ自分が病気に成り入院するとなると、とても心強いです。

入院保険があると言う心強さ

入院保険でケガや病気のリスクに備えよう

少し前ですが、婦人科系の病気を患ってしまい、10日間程ですが初めて入院を経験しました。私はその時無職だったのですが、無職と言う事もあり、病気よりも入院費用の方が気掛かりでした。病気を治す事の方が先決なのに私の頭の中はお金の計算ばかりでした。しかし忘れていたのですが成人した頃何か合ってはいけないからと母が保険を掛けてくれていたのです。費用は私の為に両親が貯めてくれていた貯金からだったのですっかり忘れていたのです。

あまり保険の事等気にしていなかった私はその時程、保険の有り難みを感じた事は有りませんでした。入院保険と婦人科系全般の保険に入っていたので、全て保険で賄われましたが、退院する時見た明細書の金額に、保険に入れてくれていた母に本当に感謝をした程でした。本当に身体とはいつ何が起きるか分かりませんし、その時に自分の環境もどうなっているのか分かりません。何かあった時やはりそれなりに余裕があればいいのですが、そうでなければ保険がないと大変だと思ったのです。やはり保険はきちんと考えようと思いました。



Copyright(c) 2017 入院保険でケガや病気のリスクに備えよう All Rights Reserved.