入院保険でケガや病気のリスクに備えよう

入院保険に加入しておくと、入院したときに給付金が受け取れます。特約を付けて保障を手厚くすることもできます。

入院保険で保障される内容とは?

入院保険でケガや病気のリスクに備えよう

生命保険会社では入院保険を扱っています。入院保険とは、病気やケガで入院した場合の入院給付金や手術給付金が支払われる保険です。入院給付金は自由に設定できるものが多いですから、保険料を見ながら保障額を選びましょう。一般的に、入院日額は10000円で設定する方が多いようです。しかし、1000円単位で調整できるようになっていますから、7000円でも8000円でも自分の都合のよい金額で設定するといいですね。

手術給付金は、手術の内容によって支払額が変わる保険が多くなっています。どのような手術でいくら支払われるかを確認するためには、入院保険の約款を確認しておきましょう。先進医療や通院などの保障は、保険商品によって異なります。初めからセットになっている保険もありますし、特約を付けることで保障の対象となることもあります。特約を付けた場合は月々の保険料がアップします。入院保険は一度加入しても、定期的に見直すことをおすすめします。



Copyright(c) 2017 入院保険でケガや病気のリスクに備えよう All Rights Reserved.