入院保険でケガや病気のリスクに備えよう

入院保険には終身型と定期型があります。それぞれの特徴を掴み、目的に合った入院保険を選びましょう。

入院保険の特徴とは?

入院保険でケガや病気のリスクに備えよう

入院保険とは、病気やケガで入院することになったときに設定していた入院給付金や手術給付金が受け取れるものです。一般的に医療保険と呼ぶこともあります。入院保険には、いくつかの種類があります。終身保険や定期保険、女性保険などがあるので、自分に合った保険を選びましょう。終身型の入院保険なら、加入したときの保険料が上がることはありません。また、保障は一生涯続くので、老後の安心にも繋がります。保険料の払込期間が満了すると、それ以降は保険料を支払う必要がありません。終身型の保険料は、短期払いと終身払いから選べます。終身払いを選んだ場合は、保険料の支払いも一生続くということになります。

定期型の入院保険に加入すると、保険期間が満了した後は更新手続きを行うことになります。定期型の場合は月々の保険料負担を抑えることができますが、保険期間が満了した後は保障もなくなります。同じ保険で更新しても保険料が上がるという特徴があります。



Copyright(c) 2017 入院保険でケガや病気のリスクに備えよう All Rights Reserved.